クリニックで肝斑治療

肝斑と治療薬について

face massage

肝斑というシミを、一度は見聞きしたことのある方も多いでしょう。主に30代から50代に多く、顔に左右対称に現れるぼんやりしたシミのことです。くすみと思って美白化粧品を使うケースも多いのですが、残念ながら美白化粧品ではまず効果はありません。 治療方法としては、トラネキサム酸配合の内服薬、あるいは内服薬と塗り薬という方法が最も一般的です。市販薬もありますが、皮膚科を受診して処方してもらうのお勧めです。また、通常シミの治療といえば、レーザーを使って治すことが多いのですが、肝斑の場合はより症状がひどくなるので、用いられることはあまりありません。しかし最近は、肝斑の治療に効果のあるレーザーが開発されていて、一部の皮膚科や美容外科で実用化されています。

なぜクリニックがいいのか

それではなぜ、皮膚科や美容外科のクリニックで薬を処方してもらうのがいいのでしょうか。もちろん市販薬も効果はあるといわれています。ただトラネキサム酸には、血栓ができやすくなるという副作用があります。そのため、飲み続けるのは2か月が限度となっているのですが、個人で服用している場合、ついそれを忘れてしまいがちです。 クリニックでの治療の場合は、その人の症状や体質に合った物を出してくれますし、また飲みすぎることのないように、一定期間分の処方をしてもらえるので、その点が安心ですし、肝斑がなかなか治らない時の相談も受け付けてもらえます。もちろんクリニックに行く時間が取れない場合には、市販薬をまず試してみるのもいいでしょう。ただしその場合は、用法と用量をきちんと守るようにしててください。

効果的に肝斑治療

beautiful face

肝斑はシミの一種ですが、一般的なシミが紫外線などによりメラニン色素が沈着することで引き起こされるのに対し、肝斑はホルモンバランスが乱れることによってメラニン色素が生成されてしまいます。

Read More...

肝斑のレーザー治療

face massage

昨今ではレーザー熱で新しい肌を作り出すという方法で、肝斑の治療がおこなわれるようになっています。レーザー治療の費用は1回2〜3万円で、5回をワンセットとしておこなわれることが多いです。

Read More...

肝斑治療薬

beautiful face

肝斑は普通のシミと違うが、治療法はシミの生成を抑えることである。そのためにレーザー手術や医薬品服用の方法が用いられる。一類医薬品で売られている肝斑治療薬は4か月から半年で効果が期待できる。

Read More...