効果的に肝斑治療

肝斑を効果的に消すには

beautiful face

肝斑はシミの一種ですが、最も一般的なシミの老人性色素斑とは、できる原因や特徴が大きく異なっています。老人性色素斑の場合は、紫外線を浴びることで、肌の表面でメラニン色素が多く作られ、それが沈着することでできます。しかし肝斑の場合は、ホルモンバランスの乱れによって、体の内部でメラニン色素が作られることが原因となっているのです。老人性色素斑は、レーザー治療によって肌表面を焼いて、メラニン色素ごと破壊することで除去することが可能です。ところが肝斑の場合、肌表面のみを焼くレーザーでは治療することができません。しかし技術開発により、現在は焼くのではなく肌を活性化させるレーザートーニングという治療がおこなわれるようになっています。これにより肌のターンオーバーが促されれば、肝斑は徐々に薄くなっていくのです。

レーザートーニングの料金

一般的なレーザー治療は、ごく細いレーザーをピンポイントで照射して、高熱を与えるという方法でおこなわれています。そのため照射範囲が非常に狭く、広くするにつれて料金も高くなります。5ミリ以下なら5千円、5ミリ以上1センチ以下なら1万円といった具合です。しかしレーザートーニングは、弱い熱をシャワーのように浴びせる治療なので、必然的に照射範囲は広くなります。そのため顔全体に照射する場合でも、料金はだいたい1回あたり1万円前後です。ただしレーザートーニングは、十分な効果が出るまでに、平均して5〜10回ほどは照射する必要があります。そのため美容整形外科の中には、1回ずつではなく5回セットや10回セットなどで料金設定をおこなっているところもあります。セットになっている分料金がやや安くなっていて、たとえば5回で3〜4万円で受けることができる場合が多いです。